« ☆【民法/Ⅺ.地上権】第1回自習ドリル/民法LV1 | トップページ | ☆【民法/ⅩⅢ.留置権】自習トリル/民法LV1 »

2014年5月 7日 (水)

【民法/Ⅻ.所有権移転登記】第1回ドリル/民法LV1

【民法/Ⅻ.所有権移転登記】第1回ドリル/民法LV1

.
ケンシロウ(A)は、自己所有者の甲土地・東京を、ラオウ(B)に売却したが、ラオウ(B)への所有権移転登記を行っていない場合について、下記の条件では、裁判でのガチンコ勝負のとき、ラオウ(B)は対抗要件を備えているか、という問題。
.
問題①/ケンシロウ(A)およびラオウ(B)から登記申請を依頼されていたが、ケンシロウ(A)から二重に甲土地を譲りうけて自己名義の登記をしたユリア(C)。ラオウ(B)はユリア(C)に対抗できる。○か×か。
●回答ⅩⅢ-①⇒○/他人のために登記申請をすることを委任されたのに、自己名義に登記をした者は正当な利益を有する者とはいえず、177条の第三者には当たらない。したがって、ラオウ(B)は、登記がなくとも所有権の取得をユリア(C)に対抗できる。そして妾になった。
.
問題②/他人の土地であることを知りながら、甲土地を不法占拠している妖星ユダ(D)。ラオウ(B)は、「私は美しい」という理由だけで妖星ユダ(D)に対抗できる。○か×か。
●回答ⅩⅢ-②⇒○/不法占拠者は、正当な利益を有する者とはいえず、177条にいう第三者には当たらない。したがって、ラオウ(B)は、登記がなくとも所有権の取得を妖星ユダ(D)に対抗することができる(最判昭25・12・19)。墓をつくってもらえた。
.
問題③/ケンシロウ(A)がラオウ(B)への登記申請をする前に死亡し、ハート様(E)が単独でケンシロウ(A)を相続した場合に、ハート様(E)から甲土地を譲りうけて、(爽やかに)自己名義の登記をした雲のジュウザ(F)。ラオウ(B)は、登記がなくとも、爽やかなこの男を倒すことができる。〇か×か。
●回答ⅩⅢ-③⇒×/登記義務を有する者の相続人(包括承継人)は177条にいう第三者ではない。しかし、想像九人からの取得者は、177状にいう第三者となり、熱い男・ラオウ(B)は、登記がなければ所有権の取得を、爽やかな男・雲のジュウザ(F)に対抗することができない(最判昭和33・10・14)。
.
問題④/ケンシロウ(A)がラオウ(B)に甲土地を売却した後に、ケンシロウ(A)と通謀して甲土地を買い受けたことにして、自己名義の登記をしたジャギ(G)。ラオウ(B)はジャギ(G)に対抗できる。〇か×か。
●回答ⅩⅢ-④⇒○/虚偽表示は無効である(94条1項)。したがって、ジャギ(G)は無権利者であり、ラオウ(B)は登記がなくとも、所有権の取得をジャギ(G)に対抗することができる。「貴様はもう死んでいる!」
.
問題⑤/ラオウ(B)の登記申請を脅迫によって妨げた聖帝サウザー(H)。自己の権威の証しピラミッドを勝手に造っている。ラオウ(B)は聖帝サウザー(H)に対抗できる。○か×か。
●回答ⅩⅢ-⑤⇒○/詐欺や脅迫によって登記申請を妨げた者は、他人に対抗要件がないことを主張できる立場になく、Hは177条にいう第三者には当たらない。したがって、ラオウ(B)は、登記がなくとも所有権のしゅとくを聖帝サウザー(H)に対抗することができる。ピラミッド崩壊、砂塵のなかにガラガラと消えゆく……。
.
※注釈:177条にいう第三者とは、当事者もしくはその包括承継人以外の者であって、物件変動に関する対抗要件がないことを主張するのに正当な利益を有する者をいう(大連判明41・12・15)。
.
⇐戻る

|

« ☆【民法/Ⅺ.地上権】第1回自習ドリル/民法LV1 | トップページ | ☆【民法/ⅩⅢ.留置権】自習トリル/民法LV1 »

学問・資格」カテゴリの記事